小さなお荷物・宅配便発送代行サービス

CD、雑誌、広告類など、メール便では収まらない
ちょっとしたお荷物から大きなお荷物までを格安に宅配します。

3大ポイント!

  • お客様からは宛名データとお荷物の中身をご支給いただくだけです。
  • 印字・梱包・仕分け・出荷をワンストップで承ります。
  • 出荷箱のOEMもご対応可能です。

対応サービス

ゆうパケット ゆうパック クロネコヤマト SAGAWA

郵便をご利用の方

ひとくちに「郵便」といいましても、当社が扱うものは大きくは4種類とお考えください。
郵便といえばハガキが一番に思い浮かびますが、どの郵便形態を利用するかは用途や目的によってきちんと考えなければなりません。そうすることで以下のことが期待できます。
・コストパフォーマンスの向上
・顧客からの反応など郵便物の効果の向上
・法律などへの違反を防ぐ

1)封書の郵便物(第一種郵便物)

一般的には手紙といいますが、定形郵便物(決められたサイズ)・定形外郵便物で料金が変わります。
また、定形郵便物でも重量により料金が変わります。(25g以内/50g以内など)種類も、 封筒DMや挨拶状、案内状、請求書などの信書等々、発送内容も様々です。
その用途に応じて受けられる割引も変動します。
【よくご依頼をいただく内容】
請求書、保険証券、明細類、移転・代表者交代等案内、情報保護シールと返信ハガキのセット

封書のおすすめポイント
請求書の送付など、封書の郵便物は中身と宛名が一致しているか細心の注意を払わなければなりません。そのために自社内での発送を行う事業所もありますが、協同新聞出版発送所ではこうした封書も多く取り扱っているため安心してお任せください。また、封書かハガキかどうか迷っているというお客様には、用途や顧客へ与えたいイメージなど細かくお伺いしたうえで、どの郵便形態がいいかご提案させていただきます。

2)ハガキ(第二種郵便物)

ハガキでも、広告DMや案内状、挨拶状や招待状など用途も様々です。
商品・催事案内、会員・顧客向け案内
【よくご依頼をいただく内容】
商品・催事案内、会員・顧客向け案内
※ハガキの種類もさまざまです。通常のハガキ(ぺらモノ)や圧着タイプ(V折、Z折など)。目的・用途により受けられる割引も変動します。

ハガキのおすすめポイント
ハガキは最も多くダイレクトメールとして使われる郵便物です。多くの事例があるため、どんなデザイン・テキストなら高い効果が見込まれるか他社様の例なども交えてご紹介することができます。
ハガキは企業から顧客へのダイレクトメールとして多く使われる分、昨今では読んでもらえない確率(未読率)も上がってきています。どうすれば顧客の目にとまり、実際に行動を起こしてもらいやすいのか、一緒に考えていきましょう。

3)ゆうメール

こちらが弊社の看板となります。少し前までは「冊子小包」と呼ばれていたものです。
重量1kgまでの印刷物の他、CD・DVDなども封入できます。(重量により価格が変動します。)
書籍やカタログの配送におすすめです。
弊社自社便で毎日郵便局まで運び、返送も弊社宛に戻されます。
上記郵便物に比べますと配達される迄の日数がかかりますが、比較的安価です。
「局印マーク」や「差出人・返還先」の表記について 一定の条件がございます。
ただし、信書や印刷されていないもの(手書きのもの)は扱えませんので注意が必要です。
【よくご依頼をいただく内容】
商品・イベント案内、雑誌類、広告類

ゆうメールのおすすめポイント
弊社の看板商品です。ゆうメールの発送代行ならお任せください!ハガキよりも多くの情報を顧客に届けることができ、デザインの自由度も高いです。そのうえ安価に大量の発送をすることができるので、ダイレクトメール初心者の企業様にもおすすめです。

4)ゆうパケット

メール便にはおさまりきらない小さな荷物を送るなら、ゆうパケットが便利です。
※3辺合計60cm以内、長辺34cm以内、厚さ3cm以内、重量1kg以内。
ただし、信書や印刷されていないもの(手書きのもの)は扱えませんので注意が必要です。
【よくご依頼をいただく内容】
CD、雑誌類、広告類、衣類

ゆうパケットのおすすめポイント
CDや雑誌、衣類を発送する際、商品によって、ゆうメールを使うべきかゆうパケットを使うべきか判断に時間をかけていませんか?場合によっては、どちらかの郵送方法に統一したほうがコスト削減につながることもございますので、お困りの方はお気軽にお問い合わせください。

メール便をご利用の方

宅配便業者がそのシステム(配送網)を利用して、書類や商品 カタログなどの軽量な荷物を運ぶ運輸業者による輸送サービスのことです。
宅配便とは違い受領印を必要とせず、ポストインにてお届けするものです。
ヤマト運輸の「クロネコDM便」や佐川急便の 「飛脚メール便」が一般的です。共に厚さは2cmまで、重量は1kgまでです。
大きさは各社違いがありますが、 一般的には角2封筒サイズ(A4サイズの部材を入れる)までとお考えください。
【よくご依頼をいただく内容】
商品案内、イベント案内、冊子類
メール便は、封筒などに入れるタイプや大判ハガキなど、各クライアント様がさまざまに工夫をされております。

クロネコDM便って?
「クロネコメール便」が2015年に廃止され、ヤマト運輸のメール便として現在利用されているサービスです。400km圏内なら翌々日、それ以上遠い距離でも発送から4日目には届きます。
全国一律料金で、上限金額164円以下で顧客ごとに配送料金を決定しているのが特徴。よく比較される「飛脚メール便」は重量によって下記のとおり配送料金が決められているので、比べるとさらに「クロネコDM便」のお得さがわかります。
クロネコDM便:上限金額164円以下で一律料金を個別に設定
飛脚メール便:300g以内は165円、600g以内は216円、1kg以内 は319円
詳しくはこちらの記事も参考にしてみてください。クロネコDM便や、それに代わるサービスについて紹介しています。

月刊誌はNG?「クロネコDM便(旧クロネコメール便)」活用術と裏ワザ◎
クロネコDM便

効果的なメール便を作るには
メール便はハガキよりもデザインや内容を自由にアレンジできるため、効果が高いダイレクトメールとそうでないダイレクトメールの間に効果の差が大きく出ます。
効果が高いメール便を作成するには、デザインなどに凝ることも大事ですが、なによりそうしたデザインの効果がどうだったかをしっかりテストしていくことが重要です。ダイレクトメールのABテストについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

テストDM(ダイレクトメール)実施術!ABテストの検証・改善方法をご紹介◎

しかしABテストを自社だけで行っていくことは、人的コストもかかるためハードルが高いと感じる企業が多いです。そこで協同新聞出版発送所ではABテストのご相談も受け付けています。多くの事例をもとにデザインの提案などもさせていただけますので、成果が出ている企業もこれから伸ばしたいという企業も気軽にお声がけください。

宅配便をご利用の方

比較的小さな荷物を全国配送します。
配送方法はヤマト運輸、佐川急便、西濃カンガルー便、SBS即配便、エコ配、ゆうパックです。
弊社を利用する事で全国一律の単価※にて宅配便の利用が可能です。
詳細は弊社営業にお問い合わせください。 (※ゆうパック除く。また沖縄・離島は場合により料金が通常より高くなります。)
【よくご依頼をいただく内容】
書籍発送、商品発送

宅配便のおすすめポイント
宅配便はメール便には入らない大きな荷物を配送する際に利用する方法のため、配送料金が高くなりがちです。さらに企業も「高くなっても仕方ない」とコストカットをすぐにあきらめてしまう傾向にあります。また荷物の大きさや重さ・配送先までの距離によって毎回配送料金が変わって、毎月のコストが計算しづらいというお悩みも多く寄せられます。
協同新聞出版発送所にお問い合わせいただければ、上記のとおり全国一律での利用が可能になります。社内で手間になっている作業ほど、代行会社に頼むことで人的リソースの削減だけでなく事業全体のコストパフォーマンスが上がる可能性が高いです。一度検討してみてはいかがでしょうか。

DMの効果・発送コストの見直しを検討したら発送代行サービスへ
・ダイレクトメールの反響がなかなかよくない
・発送コストが高すぎて事業がうまくいかない
・荷物の適切な配送方法がわからない
このような悩みを感じている企業様へ。代行サービスを入れたらコストが余計にかかってしまうのではないかと思うかもしれませんが、ぜひ一度弊社のお見積りと自社の現状とを見比べてみてください。場合によっては、代行サービスを入れた途端に10%以上コストが削減できた例もございます。
配送サービスは昨今非常に多様化してきており、料金の変動なども多いです。そうした状況にも柔軟に対応して、顧客によりよい体験をしてもらいましょう。

上に戻る